ラパーマの猫図鑑

ラパーマの歴史

近年の猫の新種登録は人為的に交配されたハイブリッド・ミックスであることが多いのですが、ラパーマの場合は突然変異により生まれた新しい品種の猫でした。
1982年、米国オレゴン州の農家コール家では、倉庫の作物をねずみなど害獣から守るためにスピーディという名前のブラウンタビーの猫を飼育していました。ある時、このスピーディが産んだ6頭の子猫の中に、ほとんど毛のない子猫がいることを見つけました。幸いなことに成長するにしたがってこの無毛の子猫には毛が生えそろいます。その毛が、全身に渡ってカールしていたのです。そこで、コール夫妻はこのメスの子猫にカーリーと名付けました。

カーリーは兄弟や親猫たちとともに、コール家のワーキング・キャットとして働きました。
やがてカーリーも子猫を生みましたが、その子猫たちのうち5頭が、カーリーと同じように毛がありませんでした。この当時はすでに他の猫種で毛がカールしたものがあったことや、コール夫妻に猫の繁殖についての関心があまりなかったことから、当初はあまり重大なことと思わなかったのでしょう。カーリーとその子猫たちは育種目的ではなく交配を重ね、長短そしていろいろな毛色の巻き毛の猫たちが生まれていきました。

巻き毛の猫たちはやがて評判となり、近隣のブリーダーなどからも関心を持たれました。そして、勧めに従ってキャットショーに出展したところ、高い関心を集めました。そしてコール夫妻は、ブリーダーたちの協力を得て、カーリーの子どもたちを新しい猫種として育種しようと決めたのでした。
調べてみるとさらにおもしろいことに、カーリーと子猫たちは、それまで知られていたアメリカン・カールなどの猫とは遺伝子的に血縁がなく、また、突然変異で引き起こされた優性遺伝であることがわかりました。

コール家に協力し、自らも育種に乗り出したブリーダーたちは、カーリーの血を引く猫たちを洗練しようと、他の純血猫を交配させることにしました。オシキャットやバーミーズ、サイアミーズなどです。
そして1997年にはラパーマの愛好家団体が設立され、2003年にはTICA、2008年にはCFAとアメリカの二大登録団体に新種として登録されることになったのです。さらに2014年には国際的な猫の団体であるFIFeからも新しい猫種として認められました。

ラパーマの特徴

中型で筋肉が非常に発達しており、四肢のしっかりしたセミフォーリンタイプです。頭の大きさはゆるやかなV字型で、頬の位置が高く、マズルはやや幅広ですが潰れていてはいけません。大きめでカップ型の耳と、つりあがったアーモンド形の目をしています。被毛は中長毛(セミロング)で巻き毛ですが、生まれつき直毛の子もいます。また、しっぽはまっすぐで、豊かな巻き毛に覆われています。標準的な体重は2.5~4.5kg程度です。

ラパーマの性格

ラパーマは明るく活発な性格で、飼い主に忠実な、犬のような面があります。
好奇心が強く自立心があり、依存心は少なく、しかし家族には深い愛情を示します。

ラパーマの飼い方

ラパーマはネズミなどを捕るワーキング・キャットであった祖先の血を引く、大変活発な猫種です。運動ができるスペースを十分に用意しないと、家具を駆け上り飛び降りて一緒にいろいろな物を落とすことになってしまいます。しっかりしたキャットタワーを用意し、おもちゃなどで遊んであげましょう。
人間のひざの上でリラックスすることも好きですが、あくまでもラパーマが遊びに飽きてからのことです。

家族が大好きで、人の指示をよく聞きますのでしつけはしやすいでしょう。
子どもや他の猫、ペットとも仲良くできます。
留守番もできますが、あまり退屈するといたずらをしてしまうかも知れません。

独特の巻き毛は、強いブラッシングやコーミングで伸びて巻きがゆるくなってしまいます。一度に長時間の手入れをするよりは、短時間の手入れを週に何度か行うのが良いでしょう。

ラパーマの毛色

チョコレート、シルバー、ライラック、タビー、シールポイント他あらゆる毛色があります。

ラパーマの気を付けたい病気

長毛猫におこりやすい疾患として毛球症がありますが、ラパーマは毛がカールしているため中毛でもかかりやすくなります。大きくなると排出困難になりますので、吐き出すための猫草を用意したり、除去剤を定期的に病院からもらっておいたりと工夫しましょう。

ラパーマは成猫になってから毛が薄くなるという場合があります。発毛や脱毛はホルモンの影響が強く、去勢やホルモン剤の投薬で改善する場合がありますので、ひどく気になる場合は動物病院で相談しましょう。

また、ラパーマは猫風邪への感受性が強い猫として知られています。猫風邪とは、ウィルスや細菌、カビなどさまざまな原因で起こる感冒様の症状ですが、なかでも猫ウイルス性呼吸器感染症と猫カリシウイルス感染症は重症化しやすく、命にかかわることもあります。ワクチン接種を定期的に行い、予防に努めることが大切です。

元来、活動的なラパーマは、運動不足だと肥満になってしまいます。
高齢になって活動量が少なくなってきたら、食事の量にも工夫が必要でしょう。

< ラパーマのお役立ち情報一覧へ戻る

ご利用案内

口コミ・評価

健康保証サービスのご案内 FIP生体保証サービスのご案内 ご成約特典 取引保証サービスのご案内
722人が「いいね!」と言っています。
東野 ちづる
伊藤悦子
Isao Kishida
Masahiro Suzuki
澤田 福
鈴木 慎史
あら りえ
水田雄史
新着子猫お知らせメールサービス ラパーマの子猫お探しコーナー

毛色から子猫を探す

優良ブリーダー募集
GeoTrust SSL認証
当サイトではSSL暗号化通信を利用することにより、入力内容の盗聴や改ざんなどを防いでいます。
みんなのペット健康専門店
みんなのペットコミュニティ ミテミテ
みんなのペットライフ
みんなのペット保険
みんなの猫図鑑

ラパーマの名前ランキング

  • 男の子
    1位ニア
    2位ミイ
    3位
  • 女の子
    1位ナップ
    2位
    3位
>> 名前ランキングをもっと見る